腰痛改善ストレッチ

椎間板ヘルニアとは、頸椎から腰椎にかけての骨の間にある椎間板が、突き出てしまっている状態を言います。骨と骨の間にあり、クッションのような役割をもつ椎間板が、柔軟性を失い、はみ出してしまうことで神経を圧迫し、激しい痛みを引き起こしてしまう病気です。腰痛以外にも、下肢の痛みやしびれなどが症状として挙げられます。せきやくしゃみをしただけで、激しい痛みに襲われることもあります。長時間同じ姿勢で仕事をしていたり、猫背などで姿勢が悪いと、椎間板への圧力が大きくなり、背骨や腰骨への負担が高まって、椎間板ヘルニアになる危険性が増すのです。また、加齢も椎間板ヘルニアの原因となります。椎間板は、ほぼ水分のゼリー状の物質でできており、加齢とともにその量が減少していきます。椎間板が減少し、柔軟性を失っていくことにより、日常の動作が次第に負担となっていきます。骨そのものが老化し、弱くなっていると、軽い衝撃でも骨や椎間板が損傷してしまう恐れがあるでしょう。椎間板ヘルニアは、安静にしていることで多くの場合には改善すると言われていますが、一度なってしまうと再発する可能性が高いです。長時間立っていることができない人や椅子に長く座っていると辛い人、立ち上がるのが辛い人などは、日頃から充分に注意してください。椎間板ヘルニアは症状が悪化すると、腰の痛みや下半身のしびれだけでなく、排尿障害やインポテンツなど、様々な症状が起こります。おかしいと思った場合には、早めに専門医を受診しましょう。長く同じ姿勢でいることで、体の筋肉が緊張して、腰痛を引き起こしてしまいます。腰痛を改善するには、体の筋肉を引っ張って伸ばすために、ストレッチをするのが効果的です。腰痛改善ストレッチには、仕事の合間に行える簡単なものから、自宅でじっくりと行えるものまで、様々なやり方があります。ストレッチを行うことで、緊張した筋肉をほぐし、血液循環を良くします。ストレッチは腰痛の改善のほかにも、腰痛予防としても効果的でしょう。職場などで長時間椅子に座りっぱなしの人は、休憩中などの空いた時間に、椅子に座ったまま腰に手を当てて、体をゆっくりと左右にねじる、前に倒すなどの簡単なストレッチを行うだけでも効果があります。自宅では、仰向けになって、両手で両膝をかかえてゆっくり元にもどしたり、腰から下の部分をひねったりするストレッチがおすすめです。余裕がある人は、腰回りの筋肉だけでなく、背中や腿などのストレッチも合わせて行うとさらに効果的です。ストレッチをする際は、決して無理をせずに自分のペースで行い、痛みのあるとき以外は、毎日継続して行いましょう。反動をつけたり、無理に伸ばすなどの行為は避け、痛みがひどくなる場合は、すぐに中止してください。腰痛の種類によっては、ストレッチをすることで、症状が悪化してしまう場合もあります。既に痛みがある人、腰痛の治療中の人は、専門医に相談してから、ストレッチを行ってくださいね。一般的に、腰痛がひどくなった場合には、整形外科を受診して、症状に合わせた治療を行うことが多いでしょう。でも、病院に通い続けても、なかなか腰痛が改善しないこともありますよね。それに、薬や手術などを避けて、整体や鍼、マッサージなどで腰痛を改善する人も少なくありません。ただ、もし、腰の痛みが激しかったり、慢性的に痛む時には、一度、整形外科を受診してみてください。整形外科では、問診・視診・触診などの検査を行い、症状によっては、レントゲンやCT、MRIなどの検査も行います。整形外科はどのような腰痛に対しても対応が可能ですし、整体や鍼では骨の変形や腫瘍、関節のゆがみなどの判断ができないことも多いでしょう。それに、腰痛の原因が内臓の病気だったというケースもあります。また、整形外科は保険が適用されますので、経済的負担も少なくなります。整体では、骨や関節の矯正をしてくれます。背骨や骨盤のゆがみを矯正し、体のバランスを整えていくことで、腰痛を軽減させるのです。ただ、整体での治療には即効性がなく、定期的に通う必要があります。さらに、整体では、医療行為をすることができません。万が一、手術が必要な腰痛の場合であっても、発見が遅れてしまうこともあるので、くれぐれも注意が必要です。鍼治療は、体のツボを鍼で刺激し、人間が本来もつ自然治癒能力を引き出して腰痛を和らげます。国家資格ではありますが、医療行為ではなく、あくまでも体質を改善することが目的の治療方法です。鍼治療は医師の同意書があれば保険を適用することも可能ですが、鍼治療を受けている期間は病院での治療が受けられないという難点があります。整体や鍼は、整形外科で検査しても異常がみられなかった場合、もしくは、筋肉疲労による慢性的な腰痛の時に受診するのがおすすめです。