積極的に行っていただきたいものは骨盤の歪みを矯正

受精卵の正常な細胞分裂に寄与し、赤ちゃんがほしいと思っている方も積極的な摂取が叫ばれている葉酸ですが、日常的に葉酸が含まれたサプリを摂取した場合の効能は血液検査で容易に調べられます。

さらに言えば、葉酸のほかに注目しておきたい検査結果の値としてはビタミンB12があるのです。

なぜなら、ビタミンB12も葉酸と共に大切な栄養素なのですが、葉酸が過剰に摂取されると、ビタミンB12が不足したことがはっきり分からなくなってしまう事があるからです。

妊娠しやすい体づくりのための生活をする妊活ですが、積極的に行っていただきたいものは骨盤の歪みを矯正することです。

近年は、妊活ブームもあってか体への負担が極力少なくて済む体操などを紹介する動画がアップされています。

子宮や卵巣などの大切な器官は全て骨盤に支えられていると言っても過言ではありません。

ですので、歪んだ骨盤の位置を正常に整えて、血行を良くすることで妊娠しやすい体になるという訳ですね。

最も妊活で重要なのは何かというと、基礎体温をしっかりと測ることです。

毎朝、欠かさず基礎体温を測ることにより、今、身体がどんな状態であるのか把握でき、妊娠しやすい状態になっているのか、はたまたそうではないのか、その時点での妊娠の可能性や排卵日がいつかなど重要な情報を知ることができるでしょう。

ちなみに言うと、基礎体温というものは、朝目覚めてすぐの体温を測ることで調べることが出来ます。

私も好きなのですが、妊活中でも、好きな飲み物がコーヒー系の飲料で、飲むことが多い人は気を付けましょう。

コーヒーに含まれているカフェインというものは、体を冷やす作用があります。

体の冷えによって血行が悪くなってしまい、子供が出来る時に大事な役目を果たす子宮機能の低下の一因となります。

もしあなたがコーヒー好きでも、カフェインの摂取しすぎには注意してください。

暑い時期が来ると、知らず知らずのうちにキンキンに冷えた飲み物を飲みたいと思いがちですが、妊活の最中は、いつにも増してできるだけ体の熱を奪うような飲み物は控えた方がいいでしょう。

その逆に、温かくしてある飲み物を飲むと血の巡りがよくなって、妊娠しやすくなれるでしょう。

飲み物も重要ですが、その他の生活全てにおいても、体を冷やさないように気を付けてください。

赤ちゃんがほしいと妊活に努める方は、思い切ってお守りの力を借りてはどうですか。

一例を挙げると鎌倉所在の長谷寺は子宝と関係があり、このお寺で扱われているお守りは、妊活時の気持ちを落ち着かせ、安心させてくれます。

さらに、パワーストーンなども妊活のお守りとして使われていますから、複数のアイテムを持ってみてもいいと思います。

少子化が一つの原因となって、男女を産み分けることを希望する夫婦も増加しているようです。

ですが、今の日本の医学において確実な産み分けを行うことは出来ないとされています。

そのことはしっかりと理解していてそれでもなお挑戦してみたいという事であれば、次に書く方法を試してみてください。

それはどういう事かというと、男の子がいいなら排卵日の当日に、女の子がいいなら排卵日の2,3日前、夫婦の営みを持つという方法が効果があるかもしれません。

妊活中に煙草を吸う方がいますが、これは厳禁です。

喫煙は人体に有害な作用によって健全な妊娠に差し障る場合があります。

当然のことですが、これは女性だけではなく男性も当てはまります。

煙草による障害の発症として、女性の場合は排卵障害ですとか、男性は精巣機能低下が報告されています。

こうしたことを踏まえてみると、妊活をしている場合はご夫婦での禁煙をすすめ、身近な喫煙者にも協力してもらうのが良いと思います。

最近の日本ではなかなか赤ちゃんを授かれず妊活に苦労されているご夫婦も少なからずおられると思います。

社会的にも少子高齢化問題が深刻化する中、赤ちゃんを産みたくても上手くいかなくて悪戦苦闘している夫婦は増えていく傾向にあります。

今以上に日本が一丸となって、子供を作ったり育てたりすることに重点を置いた国にしていくべきではないでしょうか。

可能であれば、妊活中の方は薬を飲まないようにしてください。

一般的な胃腸薬や痛み止めなどの薬であれば妊活中でも服用できるのですが、気を付けていただきたいのは医師から処方されている持病の薬を飲む時でしょう。

けれども、薬を服用する限り、副作用や身体への影響を考える必要がありますから、どのような薬を服用する場合でも、妊活している事を専門家に伝えてから服用するのが良いでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です