あごの骨に埋める部分の素材はチタン

歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。
骨と一体化して安定した歯根となりやすく金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。
インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など十分な検査を行い、結果を検討した上で初めて治療開始となるので安心して治療を受けることができます。
治療が終わったところで、重要なメンテナンスを定期的に行っていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。
現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなくレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。
しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。
最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療できるところが増えてきました。
よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探すことが必要です。
一口にインプラント治療といっても、段階が大きく3つに分かれます。
最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。
あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。
というのがだいたいの流れです。
長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。
仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。
ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染の心配はあるものです。
その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが重要事項の一つになります。
院内感染防止の対策をホームページ上で公開している歯科医院もどんどん増えているので、あれば必ず見ておきましょう。
人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。
骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材を使っているためです。
インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。
全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。
ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと一番良いでしょう。
保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。
普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。
地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。
また歯科医の評判によっても治療費の総額を決めることになるので、事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、治療を始めても、決して遅くありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です