洗顔のとき使用するのはぬるま湯

つらい乾燥肌でお悩みの方のスキンケアのポイントは普通肌の方以上に丁寧に保湿をすることです。

それから、ある程度皮脂を残すことも必要というのも忘れてはいけません。
クレンジング・洗顔はスキンケアの基本ですが、だからといって強い製品を使うと必要な皮脂が落ちてしまって肌はますます乾燥します。

洗顔のとき使用するのはぬるま湯にしないと、必要以上に熱いのはNGです。

やみくもに保湿だけすればいいと思わず、自分の洗顔はこれでいいのかと振り返ってみてください。

スキンケアは不要と考える方も少なくありません。

毎日のスキンケアを全くはぶいて肌そのものが持つ保湿力を無くさないようにしていくという考え方です。

では、メイク後はどうしたら良いでしょうか。

クレンジング無しという訳にもいきません。

市販のクレンジング剤を使った後、肌に何もせずにいると肌の乾燥が進んでしまいます。

肌断食をたまに経験させるのもいいですが、肌とよく相談をして、スキンケアすることをお勧めします。

最近、ココナッツオイルをスキンケアに使う方が女性が激増しているようです。

具体的な使用法としては、化粧水の前後に塗る他、スキンケア化粧品に混ぜて使うといいのだとか。

他にも使い方は様々で、メイク落としに使っている方、フェイスマッサージオイルとしても使えちゃいます。

もちろん、積極的に食事取り入れていく事でもスキンケアに効果があります。

ただ、品質の良いものである事はとても重要ですのでしっかりこだわりたいですね。

女性の中でオイルをスキンケアに取り入れる方も増加傾向にあります。

オイルの中でもホホバオイルやアルガンオイルなどをスキンケアで使うことで、保湿力をグンと上げることができると話題です。

オイルの種類を変えることによっても違った効果が表れますので、適度な量の、自分のお肌に合ったオイルをぜひ使ってみてください。

さらに言うと、オイルの質が効果を左右しますし、新鮮さも非常に大切です。

スキンケアには順序があります。

もしその順番が間違っているなら、効果をほとんど得ることができなくなります。

顔を洗ったら、まずは化粧水をつけます。

肌の補水を行います。

スキンケアの際に美容液を使うタイミングは基本である化粧水の次に使いましょう。

その後は乳液、クリームの順番でつけていきましょう。

肌にしっかりと水分を与えてから油分で肌が乾燥するのを防ぐのです。

スキンケアを目的とした化粧品を選ぶにあたっては、肌を刺激するような成分をできるだけ含まないものを一番大切です。

刺激の強い成分(保存料など)はかゆみや赤みを引き起こしがちで、成分表示を、充分注意しましょう。

また、安いからといって安易に選ばず自分の肌にあったものを選びましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です